サムライモデルズ

鉄道模型・ジオラマ・フィギュア・ラジコン・プラモデル・LEGO等のレビューやノウハウ、ネタを画像や動画でご紹介!あなたの趣味と暇つぶしを応援します(笑

ミリタリー[ 海 ]

驚愕の波!海ジオラマの必見テクニック!海外の師匠方、ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
さて今回は、最近何かと話題の「海」モノです!
激烈な発光でピンクやパープルに輝く見たことある戦艦や巡洋艦も素敵だとは思うのですが、サムライモデルズ一押しの艦船モデラー集団といえば!finewaterline.comで間違いありません。
以前から超絶技巧の作例を何度もご紹介させていただいておりますので、皆様既にお馴染みかと思われますが、最近の師匠方は以前にも増してウルトラパワフルな作品を次々に発表しております。
美しい作例はあまりにも多すぎて紹介していると収拾がつきませんので、今回は以下、ジム師匠の「波の作り方」ページへのリンクをご用意させていただきました。
波といえばレジン!と、安易でオーソドックスな方法しか知らない私といたしましては、今更気付くなよ!と言われそうな水彩紙とアクリルとジェッソとメディウムとペーストなど、近所の画材店で買えて臭いも少ない普通の道具と尋常じゃ無いテクニックがあれば、こんな凄いことが出来てしまう事にビックリしつつ、「尋常じゃ無いテクニック」これがやっぱし一番必要なんだと結局ガックリしてしまいました。
とりあえず、コレ以外にも色んなテクニックが紹介されておりますので、出来ることからやってみようと思います!
皆様も是非!

Making Water (part 1) by Jim Baumann
無題finewaterline.com 偉大な海外モデラーの皆様の仰天サイトです。

超絶技巧集団!「finewaterline.com」!艦船キットの創作意欲が減衰した時に是非!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
さて今回は、いつもご紹介させて頂いております偉大な師匠方が所属されますIPMSの最強艦船モデラー軍団の皆様の超絶技巧を、ゲップが出るほど堪能出来る「finewaterline.com」様のギャラリーをご紹介いたします。

のっけから1/700の限界を軽く突き抜けるヘリからの空撮写真みたいな・・・こんなドエライ作品が次から次へと紹介されて行きますので、「最近行き詰ってる・・・」私のような貴方も「フライホークの1/700のフィギュアでも買ってみよっかな~~」と、物欲&創作意欲にスイッチが入ることは請け合いです。
続きを読む

戦艦ビスマルクの全てが解る!ドローイングブックの決定版!ディテールアップのお供に是非!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

戦艦好きの皆様は既にご存知のとおり、サムライモデルズのトップ画像は忘れもしない1941年5月27日午前10時20分頃、満身創痍の戦艦ビスマルクをイメージしております。ドーセットシャーの魚雷3本は左舷に命中したんじゃないんすかこの絵逆なんじゃないんすかと私たちに聞かれても困りますので、詳細は彼岸の時にエルンスト・リンデマン艦長に聞いてください。

と、言う訳で今でも根強い人気でニューキットまでリリースされているビスマルクですが、一冊で完結出来るようなパーフェクトな資料といえば、これをおいて他にないのではないでしょうか?

続きを読む

こうして作る!原子力潜水艦のハウツー動画!但し1/1ですがww(シリーズ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

submarinebig

さて今回は、こんなものも確かに誰かがどっかで作ってるから存在しているシリーズ!と言う訳で「原子力潜水艦」です。どうしても外観のデザインがアレな為に、分かり易い艦船模型に手を伸ばしてしまいがちな私ですが、意外と海外ではプラキットも充実しておりますし、内部まで作りこめるような楽しいキットもリリースされていたりと、これはこれで一度は挑戦しておきたい愉快なジャンルです。

そして本日ご紹介いたします動画をご覧頂ければ、内部のディテールやスケルトン状態のCG、ドックでの組立て工程など、目にしたことの無い格好の良い世界に触れられます。意外と為になりますのでww是非ご覧下さい!
続きを読む

海ジオラマの真髄(その3)!この「動き」と圧倒的な「波」の質感!・・・・相変わらず反則超絶技巧炸裂です!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

さて今回は、以前ご紹介いたしました【Kostas Katseas】師匠のギャラリー企画の第3弾です!数年前から激烈にレベルが上昇しまくっているギリシャ在住の【Kostas Katseas】師匠(例の如く勝手に呼ばせて頂いております)の「波」!今回も強烈な作品をご覧頂きたいと思います。

まずは
【HMS Nelson】
こちらの作品から・・・
続きを読む

毎度お馴染み!潜水艦ラジコンドラマのアレwww新作をどうぞwww

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
どんどんゾンザイな扱いで紹介させて頂いて申し訳ないのですが、私の大好きな【RapidnadionさまYoutubeチャンネル】RCドラマ仕立てムービーですwww

今回の見所といたしましては・・・・・・・・激烈に可愛らしい一瞬のソナー索敵wwwと「撃墜ではなかったんだwww」と思わず突っ込んでしまいたくなる衝撃のクライマックス!これでお願いいたします。

では、神妙な表情でご覧下さい。続きを読む

【再録】戦艦プラモを買おう!今一番欲しいw!【ドイツレベル フラワー級コルベット】なんと1/72スケール!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2013年3月26日更新しました!
logorevell

本邦でも間もなくリリース!(2013年2月5日時点)の【ドイツレベル フラワー級コルベット】

ホンモノの寸法が全長約62.5メートル・・・という事は1/72スケールでも85センチ!の大型キットです。

海外メーカーから昨今続々とリリースされている大型キットはどれも魅力的なのですが・・・縮尺が大き過ぎるのが個人的には残念な所です。どうせ大型キットに挑戦するなら、やっぱり「ヒト乗ってる」感が欲しい!と感じる私といたしましては、このギリギリ無茶な縮尺にビリビリ来てしまいました。(航空機モデルや陸系アイテムとのコラボジオラマなど、発想が広げられるのも嬉しいところです)

さて今回リリースされたキットは「プレミアム・エディション」と言うだけの事はあって・・・エッチングパーツや金属製砲身、ウッドデッキ用木製デカールなど、そのまま組むだけでも高い完成度が約束されたプレミアムな逸品である事は間違い無い様です。

RMG00005112_1_l1
RMG00005112_0_l
RMG00005112_2_l
RMG00005112_3_l
RMG00005112_4_l
RMG00005112_5_l

Revell-Germany-Flower-Class-Corvette-Platinum-Edition

あとはどこに飾るのか考えるだけですね!

1/72 フラワー級駆逐艦 コルベット (プレミアム・エディション/エッチング付)

続きを読む

海ジオラマの真髄(その2)!またしても圧倒的な「波」の質感と・・・・このサイズ!反則超絶技巧炸裂です!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

さて今回は、以前ご紹介いたしました【Kostas Katseas】師匠のギャラリー企画の第2弾です!数年前から激烈にレベルが上昇しまくっているギリシャ在住の【Kostas Katseas】師匠(例の如く勝手に呼ばせて頂いております)の「波」!今回も強烈な作品をご覧頂きたいと思います。

まずは
【U.S. Navy Battleship Missouri (BB-63)】
こちらの作品から・・・
続きを読む

水没ジオラマで唸る!大型船舶・潜水艦・戦車をとことん沈めてみる!「...なに...このカンジ...(*´ェ`*)」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


サムライ_見出しのコピー

様々な情景ジオラマのシーンの中でも、個人的に好きなのが「水没(水中・海中)ジオラマ」!!
船がめちゃくちゃ好きってわけでもないのですが、水面と水中が見れるジオラマには、ものすごく魅かれます。


centroeuropaさん:youtubeチャンネル】←艦船系動画多数あり

↑↑↑↑

タイタニック号をダバーっと沈めてみた大作です。
事故の凄惨さは映画でしか分かりませんが、スケール感は映画のCGに負けてなくないですか?


NeuvoDareさん:youtubeチャンネル】←SF系キットがお好きなようです

↑↑↑↑

ディズニー版の海底二万マイルの、ノーチラス号を沈めてみました。
ディスプレイケースもすごく良い味付けがされてて、「作品」ってカンジを主張しますね。


Modellours Workshopさん:youtubeチャンネル】←製作&レビュー動画多数あり

↑↑↑↑

これはわりと有名ですね。
ほんと海中の様子が「凄まじい」のひとことに付きます!


なんというか、、、パッと見で難易度が高いのが、ひしひしと感じますね。
だからこそ、水中・水没ジオラマには魅かれるんでしょうね!

ではまた( ´_ゝ`)ノ

ハンパ無い情報量!師匠の【Revell 1/350 USS LHD1 Wasp】は何もかもが凄いんです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

今回も!ご好評頂きました前回に引き続き・・・「海モノ」!の師匠の作例をご紹介いたします。
今まで、海外ビルダーの皆様の激烈に作り込まれた作品に対しては、「都合の良い寸法でフルスクラッチ・・・やたらデカイ!」みたいな勝手なイメージを持っていた私ですが・・・今回の【Louis Carabott】師匠もそんな無知な私にスーパー・ウラカン・ラナを喰らわせる、1/350スケールのレベルのキット改でここまで作り込んでおります。

もはや何も語ることは無いのですがwww画像に出てくるオーストラリアの20セント硬貨の直径は28.52mmですので、ビックリする時の参考にして頂ければ幸いです。

sv205114_edited
sv205105_edited
sv205089_edited
sv205092_edited
dscf1588_edited
dscf1574_edited
dscf1573_edited
dscf1547_edited
dscf1550_edited
dscf1556_edited
dscf1585_edited
dscf1553_edited
検索
nofollow
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

bnr_diorama
bnr_gundam
3d_printer_bunner
NSR
bnr_pantzer
  • ライブドアブログ